• ホーム
  • こだわり
  • サービス内容
  • サービスの流れ
  • 業務事例
  • 事務所概要
  • お問い合わせ
企画の用語集(ア・カ行)

ア・カ行サ・タ行ナ・ハ行マ・ヤ行ラ・ワ行

ア・カ行
ICT Information and Communication Technology。情報・通信に関連する技術の総称。国際的には、ITよりもICTが定着。日本でもICTがITに代わる言葉として普及しつつあります。
AIDMAの法則 アイドマの法則と読み、消費者の購買行動をモデル化したもの。消費者がある商品を知って購入に至るまでに、Attention(注意)→. Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)のような段階があるとされています。AIDMAと似た法則に、AIDA(アイーダ)、AIDCA(アイドカ)、AISAS(アイサス)があります。
AISCEAS アイセアスまたは、アイシーズと読み、インターネット普及後の購買行動をモデル化したもの。消費者の購入プロセスとして、Attention(注意)→ Interest(関心)→ Search(検索)→ Comparison(比較)→ Examination(検討)→ Action(購買)→Share(情報共有)があるとされています。
合いみつ 仕事を発注する際に、複数の会社に見積もりを作成させ、競合させる行為を言います。合い見積もりのことであり、相田みつをの略称ではありません。
アサイン 「指定する」「割り当てる」といった意味。プロジェクトで、特定の人を任命(指定)する際にも使います。(英語表記:assign)
アジェンダ 会議における検討課題、議題、議事日程。(公的機関の)スケジュール、行動計画、日程表。会議を行う前に作成して参加者に配布することで、会議が円滑に進みます。(英語表記:agenda)
アトリビューション分析 コンバージョンに至るまでの流入経路データを使い、コンバージョンへの貢献度を調査する分析。成約に至る過程で影響を及ぼした広告(メディア)の関与割合や貢献度を調べます。(英語表記:attribution analysis )
アンテナショップ 消費者からの反応や情報を得る目的で設立された店舗。(英語表記:antenna shop)
インターネット調査 インターネットの商品ページに専用のページを設置したり、メールでアンケートを配布・回収する調査手法です。
インバウンドマーケティング 見込み客のほうから近寄ってきてくれるようなコンテンツをネット上で提供することで、検索やソーシャルメディアを通じて自社を見つけられやすくし、自社サイトへ誘導する(消費者自ら見つけて来てもらう)というマーケティングコンセプトです。
エバンジェリスト 自社製品やサービスなどを、世間に広める役割をする人のこと。
エンドユーザー 最終消費者、流通経路の末端の消費者、商品を使う人を意味する言葉。コンピュータ用語では、ソフトウェアを最終的に利用する人を指します。アイデアビズでは、お客さまの提案先(お客さま)を表現するときによく使います。(英語表記:end user)
O2O オーツーオー、オンライン・ツー・オフライン。オンライン(ネット上)とオフライン(実店舗)の購買活動が連携し合う施策や、オンラインでの情報接触活動が実店舗などでの購買に影響を与えるといった意味の用語です。
オズボーンのチェックリスト オズボーンが作った、あらかじめ準備したチェックリストに答えることでアイデアを発想する方法です。チェックリストにある9カ条は、(1)転用、(2)応用、(3)変更、(4)拡大、(5)縮小、(6)代用、(7)再利用、(8)逆転、(9)結合です。
オリエンテーション 方向づけを意味し、依頼者が企画者に対して企画の基本方針や骨子を説明する行為。実際の現場では、オリエンと短縮されて使われることが多いです。(英語表記:orientation)
会場調査 大きな会場に大勢の調査対象者を集めて意見を聞く調査手法です。
カタログ 目録。展示物・商品・営業内容についての目録や案内書を指します。(英語表記:catalog)
ガントチャート ガントチャートプロジェクト管理や、生産管理などで用いられる表の事。縦軸に人員や作業内容を置き、横軸に日程(時間)をとって、横棒で行う時期や時間を視覚的に示した図です。作業の進捗管理に使われます。(英語表記:gantt chart)
キーパーソン 任意の組織、コミュニティ、人間関係の中で、とくに大きな影響を全体におよぼす、「鍵となる人物」のことを指します。(英語表記:key person)
キャンペーン 企業、団体、著名人が、社会(一定の人々)に対して宣伝・啓蒙活動を行うことを言います。(英語表記:campaign)
近視眼的マーケティング セオドア・レビットが提唱した概念。企業や組織が自らの使命を狭く考えすぎると、市場の変化に対応できなかったり、ビジネスの機会を逃してしまう事を説明。マーケティングマイオピアとも言います。(英語表記:marketing myopia)
クライアント 依頼人・顧客の意味。広告業界では、お客さま(広告主)のことをクライアントと呼ぶところが多いです。(英語表記:client)
クラスタ 集団や群、塊の意味。同じ属性を持つ人の集まりを表します。(英語表記:cluster)
グループインタビュー ターゲットとなる消費者を集めて、インタビューを行う定性調査の手法。座談会。グルインと略して使われることが多いです。グループインタビュー専門のインタビュアーを、デモレーターと呼びます。(英語表記:group interview)
クロスメディアマーケティング テレビCMに代表されるマス広告から店頭のPOPまで、複数の媒体(メディア)を複合的に利用することによって高い相乗効果を狙うマーケティング方法(広告手法)のことです。(英語表記:cross media marketing)
ゲーミフィケーション ゲーム制作のノウハウ(手法や仕組み)を用いて問題の解決や、顧客ロイヤリティの向上、ユーザー契約を獲得すること。例として、既存サービスに、ポイント性、ランキングの可視化、レベルシステムを採用することがあげられます。(英語表記:gamification)
KFS Key Factor for Sucssesのことで、事業成功のカギという意味で使われます。ビジネスモデルを具体化する過程で使われます。
KJ法 川喜田二郎・東京工業大学名誉教授が、データをまとめるために考案した手法。データ記入されたカードを、グループごとに図解し論文などにまとめてゆく方法です。大きめのポストイットが重宝します。
KPI 重要業績評価指標。企業目標や戦略を実現するために設定した、達成度合い(進捗状況)を監視するための重要な指標を指します。代表的な指標として、新規顧客獲得数があげられます。(英語表記:key performance indicator)
KGI 重要目標達成指標。企業戦略における目標と、それが達成されたか否かを判断するための評価基準(数値)のことを指します。(英語表記:key goal indicator)
行動ターゲティング広告 広告の対象となるユーザーの行動(閲覧)履歴を元に、ユーザーの興味・関心にあわせて(最適な)インターネット広告配信を行う手法。
コーズマーケティング サービスや商品の売上の一部を、慈善事業や社会貢献を行う事業に寄付するマーケティング手法。代表的なものとして、商品の購入が環境保護に結びつくことを訴求して、購買に繋げる販促キャンペーンがあります。コーズリレーティッドマーケティングとも言います。(英語表記:cause marketing)
コラボレーショングッズ もともとつながりがない商品とキャラクターが、同一の企画に参加して作られるグッズのことを指します。コラボグッズと略して使われることが多いです。(英語表記:collaboration goods)
コンシューマー 消費者を意味し、財やサービスを消費する企主体のことを指します。使用例:「サービスの対象は、企業向けかコンシューマー向けか」(英語表記:consumer)
コンセプト 物事の総括的・概括的な意味のこと。企画や作品では、意図・意匠・目的・思い(想い)といった概念を指します。(英語表記:concept)
コンペ コンペティション(competition)の略で競争、競技会の意味。デザインコンペや競合コンペといった使われ方をします。